乳がん エストロゲン

エストロゲンの分泌量が多いと
乳がんのリスクが高くなるとも言われているようですね。


もちろん、乳がんの原因は
エストロゲンの分泌量だけではないですが、
可能性として考えられてはいるようです。


この女性ホルモンの一つのエストロゲンは
加齢と共に分泌量が減っていくと言われています。

ストレスや生活環境の変化などでも
分泌量が変わっていくのですが
減ってしまうと更年期障害や生理不順になりますし、
増え過ぎても乳がんのリスクが高くなるといった
バランスが非常に大切なホルモンだと言えると思います。


現在、自分の状態が正常なのかどうか、
心配な点があるのでしたら婦人科で
ホルモンバランスのチェックをしてくれる所もあると思いますので
一度、調べてもらってみてはどうでしょうか。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。