エストロゲン 乳がん

エストロゲンの分泌量が多い状態が続くと
乳がんのリスクが高くなると言われています。


エストロゲンは女性ホルモンの一つですが、
生理周期に合わせて分泌量が変わってきます。

生理は出産と同時に一時的に止まりますので、
初産年齢が遅い時や
出産経験がない、または少ないといった場合は
エストロゲンの分泌量が多い時期が増えますので
その分、乳がんのリスクも高くなると言われています。


もちろん、これだけで乳がんになるとは限りませんが
そういった可能性もありますので意識してみてもいいと思いますよ。

とは言っても、乳がんのリスクを下げるためだけに妊娠する訳にはいかないですよね。

厚生労働省の研究班によると
大豆に含まれるイソフラボンが乳がんリスクを低下させるそうですから
大豆製品を食事に上手く取り入れていってみてはどうでしょうか。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。