エストロゲン プロゲステロン

エストロゲンとプロゲステロンは、どちらも代表的な女性ホルモンです。


エストロゲンは、卵巣ホルモンとも呼ばれていて、女性らしさを作るホルモンと言われていたりもしますね。

生理周期の前半の期間を安定させる役割をしています。

プロゲステロンは、黄体ホルモンとも呼ばれていて、生理周期の後半期間の維持や妊娠黄体の形成などを行います。


女性ホルモンというと、エストロゲンの方の名前をよく耳にするかもしれませんね。

大豆に含まれている大豆イソフラボンも、このエストロゲンに似た働きをします。

また、エストロゲンの働きは生理周期の安定以外に、胸のラインの形成や美肌効果もあるので、「女性らしさを作るホルモン」と言われています。

エストロゲンには新陳代謝を向上させて、女性の若々しさを維持する効果が期待出来ます。

このエストロゲンは生理の終わりから、排卵日までに多く分泌されています。

そして、更年期が終わり、閉経して月経の機能が完全に止まると、エストロゲンの分泌は終了することになります。


対してプロゲステロンは、エストロゲンよりもバランスを崩しやすいホルモンと言われています。

プロゲステロンは、基礎体温を上昇させて、妊娠の維持や乳腺の形成など、妊娠に欠かすことが出来ないホルモンです。

最近の研究では、多量のプロゲステロンには、乳がんを抑制する効果があることが発見されるようになったそうです。

ただ、分泌量が増えると、水分を体に溜め込んでしまったり、皮脂の分泌が増えたりといった女性にとっては嬉しくない症状も出てきてしまいます。


どちらもストレスや不規則な生活、偏った食事をしていくことで分泌量が正常通りではなくなってしまったりします。

そうすると、若年性の更年期障害や生理不順などの不調も出てきますので、なるべく規則正しい生活を心掛けていきましょう。

一応、分泌量のバランスを取ることが出来るサプリなどもありますので、サプリの栄養成分にサポートしてもらいながらでもいいと思います。

例えば、プラセンタにはホルモンバランスを整える効果がありますので、試してみるのもいいのではないでしょうか。

女性の体にとって欠かせないエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンはバランスを整え、健康的な女性になりましょう。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。