エストロゲンとは

エストロゲンとは
エストロゲンとは女性ホルモンの一つです。 他にも卵胞ホルモンとも言われるようですね。 「女性ホルモン」とは言われていますが 男性にも分泌されるもので このエストロゲンは 「抜け毛」や「白髪」「薄毛」にも関係しているそうです。 髪の毛に関して
エストロゲン 骨粗鬆症
エストロゲンの分泌量が減ってくると 骨粗鬆症(骨粗しょう症)の可能性が高くなるそうです。 女性は年齢を重ねていくと 女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ってきます。 エストロゲンの分泌量が減ると 骨吸収が異常に高まってきて 骨形成が追
エストロゲン 働き
エストロゲンの主な働きとしては ■子宮・卵巣・乳房の働きを活発にする。 ■自律神経のバランスを保つ。 ■皮膚や粘膜(眼・鼻・喉・膣など)の潤いを保つ。 ■骨量を保持する。骨粗しょう症の予防する。 ■血管をしなやかにして、動脈硬化を予防する。 ■
エストロゲン過剰
エストロゲンの分泌量が減ってしまうと 生理不順や更年期障害、自律神経が乱れたりと 心身ともに不調になっていきます。 だからと言って 分泌量が多過ぎても良くはありません。 エストロゲンは生理の終わり頃から 排卵前にかけて分泌が高まるのだそ
エストロゲン 数値
エストロゲンの数値は 月経周期や妊娠・閉経などによっても大きく変わるそうです。 こういったタイミングでは 女性ホルモンのバランスが崩れるので 体調不良などを感じやすくなるそうです。 生理前後などに肌荒れが起きたり、 イライラしやすくなったり
エストロゲン 骨
エストロゲンは女性ホルモンの一種ですが、 骨の形成に必要なホルモンなので 男性でも分泌はされているそうですね。 男性の場合は、 更年期の女性と同じくらいの量の分泌だそうです。 エストロゲンの分泌量が減ると 骨粗しょう症の可能性が高くなり
エストロゲン 正常値
エストロゲンの正常値は 一ヶ月の中でも生理次第で量が変わってくるそうです。 おおよそですが、 【生理後経過日数】 0~14日目の卵胞期:13~70 14日目の排卵期:70~240 14~28日目の黄体期:70~160 生理なしの閉経期